メインイメージ画像

基本的な包茎を治す方法とは

実際のところ仮性包茎を治す為の基本的なことを理解していれば、自分での治療も不可能ではないのです。仮性包茎には剥き癖をつけることが何といっても大切です。方法は簡単。亀頭を包皮の中から露出しておくことを心がけることです。

  • 包茎治療をする
  • 露呈させた状態を維持させ、下着を穿き、包皮に剥き癖をつけてあげてください。始めの内は亀頭がパンツに擦れた刺激で痛みがしんどいと思いますが、そこは乗り越えて踏ん張り、痛みに耐性をつけるよう勤めましょう。ゆっくりじっくり続けていくことで少しずつ改善していきます。多種多様な形式の物が存在する、包茎矯正器具。

    接着剤を利用したものや、ペニスに直接取り付けるリング状のものや、肌着に付けて使うもの等が、あるのです。苦悶している人にしてみれば、改善するなら試しに使ってみたい、そのように思うはずです。ですが、効果のほどはどうなのでしょうか?器具は、常に亀頭を剥き出させておくことによって包皮に癖を覚えさせ事を謳っているのですが、医学的には根拠がないものも存在したり、安全性も保障がされてないものがあるようなので、良く考えて使用することが重要です。どんな施術を行うとしても、欠点はつきものですよね。

    包茎の施術も当たり前に、危険は考えておかなければなりません。真性包茎やカントン包茎でしたら、放置すれば、日常生活に支障が出てくる可能性も考えられるため悠長なことを言う事はできませんが、仮性包茎なのでしたら、施術の必要性があまりない事が殆どです。手術を検討する多くが、劣等感からくるものなのではないでしょうか?包茎手術のリスクを上げれば、担当医師によっては目立った傷跡が残り、勃起しずらくなったり、術後しばらく痛みがいっこうに引かなかったりと、様々な実例が報告されています。

    更新情報